conon(古音)古道具とおうち暮らし


古道具好きのおうち暮らし
by conon2010
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ひとりごと( 53 )

・・・




   話しても話しても、伝わらない想い・・・。
   話し合っても話し合っても、わかり合えない心・・・。

   どんなに努力してもわかり合えない二人・・・。

   どんなに想い合っていても、うまくいかない。

   かなしいけど、
   自分たちではどうしようもないことって・・・あるよね。
 

[PR]
by conon2010 | 2013-07-19 23:00 | ひとりごと

自分に逢って・・・




   この二日間、
   ブログが暗いですね・・・^^;

   ただ、
   今回のことで見えてきた自分のこと、
   忘れないように書いておきたくて。

   他人は自分を映し出す鏡・・・。
   本当にそうですね。
   その人はきっと、
   私に私の気付かぬ自分を見せるために現れてくれたんだ。
   そう感謝しています。

   さて、
   そろそろ前へ向かって歩き出さなくちゃ。
   この経験が無駄になるってものです^^
   辛かった分、元とってやる~!!
   
 
 


  
[PR]
by conon2010 | 2013-06-11 22:20 | ひとりごと

・・・


a0152785_1726167.jpg2011年の大晦日、
「2012年が来るのがこわい!!
絶対なにか起きる!!
いや~、年があけちゃう~!!」と
主人にごねまくっていた私・・・。
予感通り、
主人の祖父が亡くなり、
私の父が亡くなり、
私がある意味事故に合い、
その上、年末主人が突発性難聴になり
入院しましたが、いまだ聞こえず・・・という
状態になってしまった昨年・・・。


私の予感があたったのか・・・、
私がそう思ってしまったから、
不幸を呼びこんでしまったのか・・・。
ただ単に不幸が続いただけなのか。



  どれだけ後悔しても人は決して過去には戻れず、
  手を尽くしても手を尽くしてもどうしようもないことが人生にはたくさんあって、
  苦しんで苦しんで苦しんだ果てに、
  現実を受け入れながら、自分らしく生きていく道を探していくしかない・・・。
  きっと毎日そう感じている人は、この世界の何処かにたくさんたくさん居る。
  あたりまえといえば、あたりまえの現実・・・。
  それを知らずにこれまで生きてこられた自分の幸せに今更ながら気づいたりしています。

  昨年は最後の最後まで恐ろしく、震えながら見送った2012年・・・。
  今年も予感はありましたが、その予感があたるのか否かは、
  神のみぞ知る・・・。

[PR]
by conon2010 | 2013-01-29 17:57 | ひとりごと

受け入れる・・・



   不運な偶然で、
   不運な出来事が起こり、
   その受け入れがたい現実に対処できず、
   数日なにも手につかずにいました。

   (こんなことが自分に起こるなんて。
   あの日のあの瞬間に戻れたなら・・・。)
   何度も何度も、時が戻ることを願いました。

   そんな日々を送るうち、見えてきたたくさんのこと。
   気づいたいろんな想い・・・。

   起きた出来事は、未だ解決せず。
   もしかしたらこのまま治ることもなく、
   もっとひどいことになるかもしれない・・・。
   そう思うとこわくて眠れなくなることもあるけれど、
   起こってしまったことは起こってしまったこととして、
   受け入れ、前へ進んでいくしかないようです。

   この出来事は、私になにを気づかせたいのか。
   私はここからなにを学ぶのか・・・。
   いつものようにそんな風に考えられるようになって、
   ようやく少しずつ前へ進めそうです。

  
  
    

  
  
  
 

  

  
[PR]
by conon2010 | 2012-08-07 22:39 | ひとりごと

わたし・・・




a0152785_22513226.jpg





    これは、わたし・・・。

    これが、わたし・・・。

  
    きらいじゃない・・・かな。
   
   



   


   
   
 

[PR]
by conon2010 | 2012-06-26 23:07 | ひとりごと

その時・・・


    昨日から父が昏睡状態に入りました。
    こんこんと眠るように眼を閉じ、もう会話することもできません・・・。 

    数日前から、
    「行くべき場所はわかっているんだ。
    あとは、誰かが背中を押してさえくれれば・・・。」
    そんな言葉が浮かんでは消えていきます。

    でも、誰も父の背中を押せず・・・。

    「いってらっしゃい。またね・・・。」
    そう言ってあげられたなら、父は楽になるのでしょうか・・・。


[PR]
by conon2010 | 2012-04-05 22:46 | ひとりごと

逃げる・・・






                                        わたしは生きている間に、
                                                    何度、
                                     言い訳を口にするのだろう・・・。 

[PR]
by conon2010 | 2012-03-20 23:29 | ひとりごと

それぞれに、それぞれの・・・







                               あなたの持つその正しさは、
                                          あなたの正しさであって、
                                         みなの正しさではない・・・。

[PR]
by conon2010 | 2012-02-16 22:57 | ひとりごと

ないものねだり・・・



                                      誰もわかってくれないと嘆く前に、
                                 誰もわかってあげられない自分を思う・・・。                                     

                                                あなたのことは、
                                                  あなた以外、
                                          誰にもわかるわけがない。

                          あなたが誰のこともわかってあげられないように・・・。


                           そもそも他人にわかってもらう必要があるのだろうか。

                                                 あなたのことは、
                                  あなただけがわかっていればいいこと・・・。


[PR]
by conon2010 | 2012-02-14 23:25 | ひとりごと

わかれみち・・・




                                        なにかコトが起きた時、
                                  自分の中に原因を求める人・・・、 
                                    他に原因を押しつける人・・・。

                                           気づいた時には、
                              二人の距離はずっとずっと離れている。

                                           どちらの道をいく?

      
       
      

[PR]
by conon2010 | 2012-02-01 23:24 | ひとりごと

フォロー中のブログ

Living room ...

リンク