conon(古音)古道具とおうち暮らし


古道具好きのおうち暮らし
by conon2010
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あの日から・・・

あの日から、
心落ち着かぬ日々を過ごしていました。

義援金募金、
自分にもできることを心掛けながらの生活・・・、
本当にそれだけでいいの?
なにか他にできることはないの?
問いかけ続ける毎日。

ふと、名古屋でできる支援はないのかと思い立ち見つけたのが、
ボランティア団体の活動支援金募金のボランティアでした。
長期に渡るであろう復興、
その間、被災者を支えるボランティア活動のための活動費を募り行う街頭募金。
ちょうど春休みのむすめを誘うと
「う~ん・・・、やってみる。」との返事。
メールで問い合わせると「ぜひお二人で。」とのお返事をいただき、
自分では現地に赴くことはできないけれど、
行ける方に想いを託すことはできるのではという気持ちで、
27日(日)むすめと二人、栄での街頭募金に参加してきました。

14時から16時までの募金活動、何度も胸が熱くなった2時間でした。
お友達としばらく相談した後、
照れくさそうに募金してくれた部活帰りの男子高校生、
お財布の中の小銭を全部募金してくれた女子高生、
照れくさそうにぶっきらぼうにお札をくしゃくしゃと入れて、
自転車で走り去った男性・・・、
みんなの想いが伝わって、募金をいただく度に熱いものがこみあげてきて、
堪えるのが大変でした。

そして、学校では大きな声が出せず、
「発表なんて苦手~。」と言っていたむすめが自分から、
「よろしくお願いいたします!!」大きな声でお願いする姿・・・、
きっとむすめもなにか感じるものがあったのだと思います。

長期に渡ることが必至の復興・・・、
たった二時間の行いではあるけれど、
何処かで誰かのお役に立つことができたなら・・・。


一歩とはとてもいえない歩みですが、
これまでの自分から、少しだけ前へと歩みだせたような気がします。
もちろん、できること、やらなければいけないことは、
まだまだたくさんあります。
これからも、少しずつでも自分ができることを見つけて、
行動していけたら・・・そう思っています。

一人一人が自分のできることを少しずつ、長く続けていくこと。
それがきっと大事なこと・・・。


東北地方太平洋沖地震におきまして、
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げるとともに、
一日でも早い復興を願っております。

現実と認めるのが怖くて書けなかった想い・・・。
でも、これは現実・・・。
しっかりと現実を受けとめて、
私は私のできることを、少しずつでも、長く、長く、続けること。


[PR]
by conon2010 | 2011-03-29 19:44 | 想う

フォロー中のブログ

Living room ...

リンク